自由な体制での出産【広まるフリースタイル分娩】

妊婦

産婦人科の病院での治療

nurse

大阪の産婦人科の病院では、子宮がんや乳がんなどのがん検診や、不妊治療などを行っている。不妊治療では人工授精や体外受精などが行われており、赤ちゃんが欲しいカップルの要望に応えている。家族計画や避妊の相談も行っており、低用量ピルやモーニングアフターピルを処方してもらうことができる。

詳細を確認する

妊娠したいをサポート

smile

京都は駅周辺に不妊治療が行える病院や施設が発展していますが、通勤やショッピングのついでに寄れるので利便性があります。京都は現在不妊治療を受ける一部の人に助成金が支払われていますが、今後は範囲が拡大すると期待されています。

詳細を確認する

工夫された分娩スタイル

母体の負担を減らす分娩

doctor

最近ではフリースタイル分娩を取り入れる産院が増えてきています。従来では、分娩台の上で仰向けになり足を大きく開いた体勢での出産でしたが、このフリースタイル分娩では分娩を行う際の姿勢に工夫が取り入れられており、四つん這い、横向き等母体が一番楽な姿勢で分娩を行います。従来の分娩台を使用する出産では、体勢が仰向けのままになって固定されてしまう為体に負担が掛かり呼吸が乱れやすくなります。そして仰向けの体勢での分娩では、母親の呼吸が上手く安定せず胎児が下がりにくくなる上に頚椎に負担が掛かってしまうと言うデメリットがあります。しかしこのフリースタイル分娩では、姿勢に工夫を取り入れる事で精神をリラックスさせ母体や胎児に負担をかける事無く分娩を進行できると言うメリットがあります。

人気の分娩スタイルとは

これから出産を控えている女性は、このフリースタイル分娩に注目する方が増えてきています。その人気の理由は、ゆったりと自分のペースで出産に挑む事ができるという内容からです。分娩台を使用しませんので、布団の上や畳部屋等リラックスできる環境での出産が魅力でもあり、一度分娩台での出産を経験し次はフリースタイル分娩で出産に挑みたいと言う女性も多く存在しています。そして二つの分娩スタイルを経験した女性は、分娩台を使用した出産よりもフリースタイル分娩での出産の方が楽であったと言う意見が多い様です。出産は壮絶な痛みを伴う命懸けの仕事とも言われておりますから、母体の負担をなるべく減らそうと工夫されたフリースタイル分娩は精神面にも肉体面にも負担が少ないと考えられます。

婦人科の診療

妊婦

不妊治療を実施する東京の医療機関では、診療時間を拡大するなどの柔軟な態勢を整えています。従って自分の都合に合わせて受診が可能です。不妊治療は医療機関によって進め方や方針が異なることが多く、事前に情報収集しておくことが満足のいく治療を受けるコツとなります。

詳細を確認する

Copyright©2015 自由な体制での出産【広まるフリースタイル分娩】 All Rights Reserved.