記事リスト

より質の高い防音が可能

作業員

防音室は組み立て式の簡易なものも多くあるのですが、楽器の演奏などの大音量のものには向きません。業者に依頼してきちんとしたものを作ることで、楽器の演奏がしたい人も近隣住民もストレスなく過ごすことができます。

詳しく見る

目的別の施工プラン

作業員

発注先探しの基本とは

静かな室内空間を実現するだけではなくて、周辺環境への配慮も考えるのが、個人や企業が防音工事を行う場合の基本です。特に子供がピアノなどを練習する場合には、一部屋だけ防音工事を実施するケースが多く、総費用が200万円程度の事例が一般的です。希望する遮音性能によって使う材質と費用が異なるので、工事を依頼する場合には、まず最初に業者に見積もりを出してもらうべきです。費用や施工内容など、総合的な視点から業者を選びたいときに便利なのは、防音工事会社紹介サイトの一括見積サービスです。紹介料無料の個別相談サービスも提供しているサイトを利用すると、初めて防音工事を行う個人も、すぐに良い業者を見つけられるでしょう。企業がオフィスや工場などで防音工事を行うケースも多く、環境基準や労働基準にも適合した、格安な施工プランが好評です。とりわけ工場の近くに住宅街などがある場合には、実際に騒音測定を行ってから、個別の事情に合った施工プランを提示してもらうのが理想的です。数多くの施工実績を持つ業者は、遮音シートや防音壁を活用した工事にも対応しているので、立地条件や目的に合わせて最適な対策が行えるでしょう。またマンションの収益性を高めたいと考えているオーナーが興味を持っているのは、音大生の入居にも最適な、防音物件へのリニューアルです。壁や天井のリフォーム工事も手掛ける業者であれば、既存の建物の遮音性も十分に高めることができるので、音大生向けの物件への転換も円滑に進められるでしょう。

確実な機能を付与する

女性

防音は近所付き合いでも重要なポイントとなるものです。特に楽器の練習をしたい場合はきちんとした工事業者に依頼すべきです。業者を利用することにより、確実な防音性能を得ることができます。防音の知識だけでなく、工事や建築の知識を持つ業者を選びましょう。

詳しく見る

世間へのマナーとして

防音素材

マンションにおいて楽器やペットの鳴き声などの大音量を防ぐためには防音設備が不可欠です。その際、防音設備専門の業者に依頼する方法もありますが、マンションの場合はユニットタイプの防音設備を購入し組み立てる方法が、失敗がなく無難です。

詳しく見る

楽器演奏のためのお部屋

防音室

楽器を時間に関係なくレッスンしたい場合、防音室が不可欠です。特にマンションや密集している住環境の場合はしっかりと防音出来るお部屋が必要になります。ご近所さんと騒音トラブルにならないように早めの対応が大切です。

詳しく見る

工事にかかる費用の相場

リフォーム工事

防音工事を一般の住宅に行う場合、まずは費用の相場を知っておく必要があります。相場を知るには複数の業者に見積もり依頼をし、高すぎず安すぎない平均を知ることです。そして、他社との見積もり費用を比較していけば、少しでも安い費用で防音工事ができるようになります。

詳しく見る