記事リスト

世間へのマナーとして

防音素材

マンションでの必要な設備

騒音苦情に発展しないために一軒家だとある程度の防音は可能ですが、マンションは構造的に繋がっているために楽器やペットの鳴き声等の大音量を防音する機能が備わっていません。よって、ピアノやギター、ドラムなどの楽器を日常的に弾く場合やペットを飼う場合など、防音工事をすることが世間への大切なマナーとなります。特に、マンションは家族が今後、長い間住むことになるために、ご近所とのトラブルは避けたいものです。ボックスインボックス工法の防音設備楽器等であれば80から100dB程度の音が発生します。防音設備もいくつかのタイプがありますが、マンションであればボックスインボックス工法が防振対策と遮音対策に優れています。これは、マンションの部屋の中にもう1つの箱を浮床構造で作るものです。要は、名称のとおり箱の中に箱を作るために、より壁が分厚くなり頑丈になります。ユニットタイプの防音設備マンションであれば、部屋の中に組み立て式の倉庫のような防音スペースを作るユニットタイプの設備を利用する方法もあります。これは、既製品を購入するので納品までが早く、設置も数時間から半日程度で終了します。また、レンタルすることもできるため、実際に試してみて効果のほどを確かめることも可能です。施工業者や設置するタイプの選び方防音設備を設置する上で注意すべきなのは、一般の建築業者に施工依頼をしないことが大切です。それは、防音設備は一般的な建築とはノウハウが異なるために効果が下がってしまうためです。また、完全オーダーで防音設備を施工する場合は、業者によって差が出るために、ユニットタイプの設備を購入して組み立てる方法が失敗がなく無難です。